Think Bee!(シンクビー)は20代から50代まで世代を超えて愛用されるバッグ・財布は一目見たら忘れられない強烈な個性あるデザイン


イベントでひときわ目立つブースのThink Bee!(シンクビー)は一目見たら忘れられない強烈な個性あるデザインのバッグや財布です。

Think Bee!(シンクビー)バッグsitemap_l1輝く宝石のようなバッグ シンクビー!

きらめくビーズやスパンコール、スワロフスキーのクリスタルなゴージャスにデコレーションされたバッグや財布に惹きつけられました。

スポンサーリンク

Think Bee!(シンクビー)とは?

Think Bee!は、今から110年以上も前に鹿児島市の繁華街である天文館で誕生した結構な歴史があるブランドです。Think Bee!を製造販売する「株式会社はちや」の前身の「はちや商店」が1898年から設立した会社です。

Think Bee!(シンクビー)ロングウォレット

Think Bee!の鮮やかな色違いと画期的なデザインが特徴の商品とはかけ離れたイメージで、110年以上の歴史と経緯と技術から誕生したのが、シンクビーなのです。
意外と現代的なデザインなのに驚きました。


Think Bee!(シンクビー)の個性的なデザイン

色柄合わせが楽しい60年代風のキラキラ光るスワロフスキーをトッピングしたおしゃれなThink Bee!(シンクビー)は、牛革を組み合わせたゴージャスさとかわいさと大人っぽさが一体になったデザインが面白いです。それが返って目に焼き付くくらい印象的です。

Think Bee!(シンクビー)バッグ

鮮やかな色合いのデザインだけでなく「ゴブラン織り」を素材にした絵画のような美しい仕上がりで、「ゴブラン織り」=「つづれ織り」のことだそうです。
芸術品に匹敵しますね。。


Think Bee!(シンクビー)の人気の秘密

きらめくビーズやスパンコール、スワロフスキーのクリスタルなゴージャスにデコレーションされたバッグや財布が、年齢に関係なく幅広く愛用されているんですよ。

Think Bee!(シンクビー)携帯ポーチ


◇華やかでエレガントで和装にも似合う汎用性
◇エキゾチックな雰囲気
◇大量生産できないならでは、職人の手づくりによる手間暇かかった仕上がりと希少性


Think Bee!の特徴が予約中心の販売形態なので、予約開始直後に売り切れてしまうことがあるそです。
大量生産を行っていないため、それがさらに人気に拍車をかけているんでしょうか!


Think Bee!(シンクビー)

どんなファッションにも存在感たっぷりのマーガレットが愛らしいデザインです。

Think Bee!(シンクビー)ロングウォレット

スマートに持てるスリムロングタイプの長財布は、スリムロングタイプで機能性も収納力もたっぷりですね。
普段は持たないデザインですが、見ていると魅力に吸い込まれる気がします(笑)

それぞれのユニークで面白味のあるデザインは、年齢的にかわいすぎるのですが、持っているだけで心がウキウキします♪



sitemap_l1【Think Bee!】送料無料&公式オンラインショップ限定のバッグ&財布

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。