2014年総予測『プレジデント』と新年の抱負と今年を振り返って


2014年生き方・働き方総予測2014

プレジデント

2014年予測が本屋さんのあちらこちら、「プレジデント」「ダイヤモンド」など出ています。
いろんな意見を読んで自分はどするのか、どうしたいのか?
考えていきたいと思います。

スポンサーリンク



2014年総予測「プレジデント」
2014年はどんな年になるのでしょう?
プレジデントの表紙に惹かれて購入してみました。

大きな変化は消費税8%、10%と増税の年であり、五輪へ向けて日本の変動がはじまる初年度、ある意味日本の大きな節目でありスタートする年かもしれません。
日本が変わるということは、自分も変わらなければならないということです。

2014年のポイントをあげてみました。
◇増税
◇TPP加入
◇五輪
◇自然災害
◇自然エネルギー

あらゆる面で置いてきぼりにならないように気を引き締める年になりそうです。

【仕 事 面では】
ビジネスで必須スキル『決断力』『行動力』『先見性』
いい人よりも強い人、そしてちょっとチャームな人
ビジネス交流では慣れないではなく、自分の持論を持て!
ビジネスは好き嫌いではなく、意見が全く違っているのは当然であり、真剣に持論をぶつけ合うべきというのです。

日本人はというより私自信は、自己主張が苦手です。
子育ての違いも明確です。

中国人・韓国人・・・「一番になれ」「勝て」
米国人    ・・・Beyoueself (自分の考えを持ちなさい)
日本人    ・・・「他人に迷惑をかけるな」「思いやりを持て」
日本人はいい人になれても強い人になれない。
変化の激しい時代に勝ち抜いていくためには、「強さ」という要素っは重要になる!
(p71 八木 洋介氏より)



「真の意味で幸せになるには、所詮は他人の価値観にすぎない社会的評価から自由になり自分独自の「勝利条件」を見出さなければなりません。」

「焦らず、腐らず、奢らず、まじめに仕事をする」
たくさんに著名人の記事を読んでとても参考になりました。

プレジデントはこちら

h1PRESIDENT(プレジデント)新春特別開運号

2014年豊富と今年を振り返って
今年は一年、バタバタとした振り回された年になりました。

計画通り行かなかったということもあります。
他と同じことをしていてはイノベーションは起こりません。
挑戦を恐れていてはいけないけれど、なぜ結果が違ったのかをしっかり把握して来年に向けたいと思います。そのためにも、常にモチベーションアップしながら次の要素を大切にしていきたいです!

<5つの方針>
1.自分の思いに素直になる
2.挑戦し続けよう
3.良心にしたがう
4.日々大切に生きよう
5.現状から脱却しよう

自分をみつめなおして一日一日大切にして進みたいと思います。
サイトの方向性を再度、見直します。

タイトルから変更しますので、どうか楽しみにまた訪問してくださいますように♪
来年は300人以上の方と、新しく出会いたいと思います。
人との出会いでここまで来ました。さらに人と会うことで自分を変えられる出会いもあるかもしれません。

P1000793

あるアフィリエイトのSNSに入会して1年以上過ぎました。
昨年の11月大きな変化があって、Wordpressをはじめ今年は少しサイトを作りました。

4月から子猫を飼い始めてのサイトをスタートしてやっと8か月。
このサイトも8月からスタートしてまだ5か月です。これからどこまでいけるのか楽しみです。
はじめて受賞した感動やイベントでの情報などワクワクする体験もしました。

来年は引き続き良い環境でスタートできますので、毎日更新をしたいと思います。
自分の中に新しい情報を吹き込んで、少しずつサイトを育てていきます。

RSS-img00

良い環境に恵まれて感謝致します。

健康も崩してしまったので、来年からは毎日ストレッチを10分生活の中に取り入れていきます。
来年新たな変化があります。
姪っ子が3月に上京してくることになりました。

はじめて子猫を飼ったり、化粧品をたくさんお試しして自分の顔をこんなに見たのも今までなかったことです(笑)
来年もたくさんのセミナーに参加したり、本業も忙しくなりそうです。
時間の管理をしっかりする必要がありそうです。

今年できなかったことを来年からしっかり着地してできるように、一歩一歩進んでいきたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。