健康を願っておいしっくすの「七草かゆ」を食べました。


おいしっくす春の七草
おいしっくすさんの「春の七草」で七草粥を作りましたよ。
お正月の食べ過ぎで疲れた胃にとってもやさしい七草粥で、ビタミンを補います。

スポンサーリンク



春の七草の言われ
おいしっくす春の七草

ななくさがゆ【七草粥】
 1月7日には、これからはじまる新しい1年を平和に暮らせることを願い、邪気(じゃき)を払う意味で「七草粥(ななくさがゆ)」を食べます。
こうした風習は、わが国へは中国から平安時代初期に伝わりました。
 七草というのはセリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの7種です。

 もっとも昔は、七種の穀物でつくられ「七種粥(ななくさがゆ)」と呼ばれていたといわれています。
米、アワ、キビ、ヒエ、ミノ、ゴマ、アズキとも、米、大麦、小麦、アワ、キビ、ダイズ、アズキともいわれています。七草を使うようになったのは鎌倉時代からだそうです。
それぞれに効用があり、セリは目の充血やめまいを予防、ナズナは消化機能をととのえます。
ゴギョウはせきを止め、たんを切る働き、ハコベラは胃炎や胃弱に効果的、ホトケノザは筋肉の痛みに、スズナは胃腸をととのえ熱を下げます。スズシロも胃腸の働きを助ける働きがあります。(コトバンクより)



七草粥の作り方

おいしっくす春の七草

○白米・・・3合
○水 ・・・6カップ
○塩 ・・・少々
○しょうゆ・少々

※お水から昆布を入れて白米を炊くとおいしいです。

白米を約3培のお水で約10分中火にかけます。
沸騰したら、弱火にして約15分煮込みます。途中吹かないように注意します。
七草は塩を入れた熱湯をかけて出来上がったお粥へ混ぜます。

おいしっくす春の七草

低カロリーで体に良いですしとてもさっぱりしていて、程よい塩加減とお粥は消化も良いですし
健康のためにも今年はたくさんお粥を食べたいと思います。



おいしっくすの「七草研究会」はま菜ちゃん
おいしっくす春の七草
横浜の「七草研究会(横浜七草の里)」は、農家の有志7軒で1982年から
「七草研究会」を結成されてハウス栽培されています。

普通は田舎の山野の薬草なので、採取するのも大変です。
私の実家なら採れるでしょうけれど、都会では七草さえどんな草なのかわかりません。
こういう研究会があってずっと愛情をもって栽培されている「はま菜ちゃん」をいただくと力が湧いてくる気がします。

昔の人が1月7日に「七草粥」を食べるのには意味があり、健康に良いことはしてみたいと思います。
お正月の食べ過ぎで不足したビタミンやミネラルを補いなさい!と言うことなので、七草粥を作ってみましたが、これからもたまにはお粥もいいですね。

今年もおいしっくすの宅配サービスでたくさんおいしい食材を食べてみたいと思います。
おいしっくすの詳細はこちら
 ↓↓↓↓↓↓


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。