かものはしプロジェクトのボランティアに参加してきました。


かものはしプロジェクトのボランティア活動に姪っ子と一緒に参加して来ましたよ。

ボランティア かものはしプロジェクト

姪のほっぺちゃんの何か体験するという夏の課題でネットで検索したところ「かものはしプロジェクト」というNPO法人を見つけました。ほっぺちゃんは今まで人と触れ合う機会があまりなく友達もいません。
調度いい機会かと思い参加してみました。

スポンサーリンク

かものはしプロジェクトとは?

かものはしプロジェクトとは、2002年に当時大学生だった3人が立ち上げたNPOです。カンボジアやインドの子どもたちを守りたい!そう志を強くして作られたNPO法人かものはしプロジェクトです。

ボランティア かものはしプロジェクト

カンボジアやインドでは働くところもなくただ貧しい生活を強いられる家庭では、子どもたちがたくさん犠牲になって売られているそうです。かものはしプロジェクトが創設されて約10年、政府や警察などいろいろな働きかけをして減ってはいますが、まだ加害者の野放しや被害者が言えない社会が人身売買を徹底的になくすまでには至っていないのです。

かものはしプロジェクトは解決モデルとして確立し多くの被害者をなくす働きかけをしています。


かものはしプロジェクトのボランティア

今回参加したかものはしプロジェクトのボランティアは、毎月行われています。
偶然ボランティアデーを見つけて参加することが出来ました。

前日の申込みでしたが、以外と人数が多く16名の参加でした。
まず自己紹介して、ほっぺちゃんが一番若かったのですが、大学生や会社務めの方やフリーの方なども参加していました。みんなボランティアに興味があったり、かものはしプロジェクトを知って参加した方もいらっしゃいました。

ボランティア かものはしプロジェクト

今回はかものはしプロジェクトがカンボジアで働く場所を提供するために立ち上げた「コミュニティファクトリー」で作られているいぐさのペンケースでした。

ボランティア かものはしプロジェクト

いぐさを軽くタオルに含ませてオイルで拭いて、パンフレットを一緒にクリアの封筒に入れます。

ボランティア かものはしプロジェクト

人数が多かったのであっという間に終わってしまいましたが、隣の人とのコミュニケーションを取りながら参加した経験が少しでもほっぺちゃんに役立ってくれることを祈ります。

ボランティア かものはしプロジェクト

はじめて参加したボランティアで、人のために何か役立つことが出来て、作業もほっぺちゃんにできる簡易作業でホットしました。

ボランティア かものはしプロジェクト

そして出来上がったのがこちらです。

ボランティア かものはしプロジェクト

カンボジアの方が作った手づくりのペンケースをキレイに拭いて袋詰めする作業の完了です。


かものはしプロジェクトのコミュニティファクトリーとは?

5年前に立ち上げたカンボジアの女性が働く場所「コミュニティファクトリー」は14人からスタートし、今では120名を超えているそうです。

ボランティア かものはしプロジェクト

カンボジアでは定職につくことがとても難しいそうです。
日本の使われなくなったミシンを再利用され、電気もガスも文明の力の何もない村で染色から縫製まで製品づくりができる様になり、そこで働いて兄弟や家族を養っているそうです。

日本でも雇用の問題はまだありますが、カンボジアではそれ以前の生活に困難なだけでなく働く場所がない現状を知りました。このボランティアを通じて知ることが出来て良かったと思いました。


かものはしプロジェクトのボランティアデー

かものはしプロジェクトでは、毎月1回「ボランティアデー」があります。
このボランティアは2部構成で、作業の後講演会があります。

ボランティア かものはしプロジェクト

偶然集まったボランティアグループでふれあい、一緒に作業して講演も聞くことが出来ます。

かものはしプロジェクトでは、児童買春がまだ行われているカンボジアやインドの子どもたちを救うための支援を求めています。詳細はこちら↓

かものはしプロジェクト支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。