ウェーブストレッチリングのこんな使い方!毎日3分でできる簡単ストレッチが快適


ウェーブストレッチリングが毎日欠かせません!
肩こりからくる偏頭痛やコシ、足の冷えにたった3分でもずいぶん楽になるんですよね。

こんなリングの形が体型にフィットしてカラダが軽くなるんです!

スポンサーリンク

どんな人でも使える手軽さが快適


そんな暇ないという方でもたった3分でカラダがほぐせるとしたら、きっと使ってしまうと思うんです。
だってカラダが年齢と共にこわばっているんですものね。

ウェーブストレッチリングの使い方

若い人でもジムへ通うほど、最近では運動不足で悩まされている人が多いでしょう?
そんな時に家の中で手軽に使えるですから!

日曜日なのに朝からカラダが重い方とか、仕事の疲れがたまっている方。
私は普段の仕事がら椅子に座っていることが多いんですね。

ウェーブストレッチリングとは

しかもパソコンやアクセサリー作りで肩凝りは毎日、腰やおしりもコリコリなんです。
たとえ80歳であろうと90歳でも100歳以上の方でも、逆に若い小学生でも自分のペースで使えるところが魅力なんです。


ウェーブストレッチリングの設計がカラダにフィット


前回ウェーブストレッチリングのご紹介をしましたが、トレーニングジムに行かなくても自宅でできるところが最大のポイント。
このウェーブストレッチリングは、体に合わせて形や大きさが作られているのね。

ウェーブストレッチリングとは

例えば背骨を挟んでよくマッサージしていただく肩甲骨にこのウェーブストレッチリングの幅もピッタリ!!
このカーブも調度背中に当てると気持ちがいい高さに設定されて曲げてあるんですよ。

ウェーブストレッチリングとは

しかもどんな年齢の方でも使える素材も硬いモノから柔らかいモノまで豊富。

ウェーブストレッチリングとは

これは、前屈することができなくても足にひっかけてリングが伸びるために、届かない補助となるんですね。

ウェーブストレッチリング使い方

でも背中や肩に当てるだけじゃないんですよ。


ウェーブストレッチリングはこうして使う


ただこのリングにカラダを当てるだけではありません。
ウェーブストレッチリングに当ててカラダを左右前後に手を振り子にして動かすんです。

ウェーブストレッチリング使い方

これが効くんです!!
もちろん身体を揺らすだけでもいいのです。

ウェーブストレッチリング使い方

カラダを揺らすことでほぐれるんですね。
同時に大きく鼻から息を吸って口から吐ききる!
気功などでもやっているこの呼吸法をしならだストレッチを行うと身体と心が安定するので何十倍も効果が違うそうです。

ウェーブストレッチリングの使い方

人は意識しないで呼吸を繰り返していられるのは、カラダにある自律神経の働きで、呼吸以外にも血流や発汗、内分泌などにも重要な神経なんですね。
だから呼吸法を同時に行うことで自律神経の乱れを整えてくれるんです。

ウェーブストレッチリングの使い方

だからコシも肩もおしりもほぐれる!
しかもたった3分だけです。

ウェーブストレッチリングの使い方

もちろん痛ければ自分で調節すればいいんです。


ウェーブストレッチリングはこんなシーンにもピッタリ


日々の作業の合間にたった3~5分。
カラダに当てて凝りをほぐすと随分楽になるんです。

ウェーブストレッチリングの使い方

たったこれだけで?
そう思うかもしれませんが、トレーニングジムではグループ指導や個別指導に来られる方がいらっしゃるくらい、逆に手軽にできるところが魅力なんでしょうね。

ウェーブストレッチリングの使い方
関連記事:自宅で簡単なストレッチができるウェーブストレッチリングのトレーニングを受けて来ました。

このウェーブストレッチリングの幅が調度いい具合に身体のツボに当たるように設計されている!本当によく考えられているなぁ~と思います。
これが、どんな場所にもピッタリなんですよ。

ウェーブストレッチリングの使い方

例えばドライブにも持っていけば急な渋滞で疲れたコシに当ててもいい。
旅行先で足が疲れたら、バスの中でも十分椅子に座ったまま手軽にストレッチが出来ます。

ウェーブストレッチリング使い方

肩凝り、姿勢の矯正、腰の痛み、骨盤のゆがみ、ふくらはぎ、足裏の凝りなど、あのカーヴィダンスの樫木裕実さんも使っていらっしゃるそうですよ。

ウェーブストレッチリングとは
毎日マッサージに通ったりジムへ行ったと思ってみると、手軽に自宅でできるので一回使ってみると毎日ほぐしたいところにどこでも場所を選びません。

今TVでも放映中のウェーブストレッチプラスでも人気です。


明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』
ウェーブストレッチプラス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。