脇肉キャッチャーで隠れた贅肉で美バストメイク

HEAVEN JAPAN の脇肉キャッチャー(補正下着)を体験して来ました。

20年に渡りたくさんの方のフィッティングをしたプロのフィッターアドバイザーの方から、年齢に関係なく美メイクできるアドバイスを受けて来ました。

ネットで購入する補正下着を自宅にいながら選ぶポイントも聞いて来ましたよ。

スポンサーリンク

バストのしくみを知る!

バストのタイプには、乳脂質が多い方と脂肪が多い方があるそうです。


皮下脂肪が多い方は、柔らかくて崩れやすい!日本人は皮下脂肪が多いらしいです。

さらにリンパマッサージをするとバストへ栄養が行き届き美バストをつくるそう。

クーパー靭帯は一度伸びたら戻らないので、マッサージをあまり強くし過ぎないことが重要なんですって!!
もう伸びきっているかもしれません(泣)

マッサージはポイントを押さえ軽く数回マッサージするだけで、かなり美バストは作られるんですね。

美バストはこうして作られる

脇肉を左右のバージスラインの外から中に、脇肉キャッチャーへ入れる。

そして胸の盛り上がるところを、軽くクルクルマッサージします。

さらに腕立て伏せを5〜6回する‼︎

これで、美バストは作られる‼︎

無理しない程度に壁に向かって腕立て伏せもオッケー!大切なのは継続だそうです。

なんでも続けるのが一番問題かも(笑)

ネットで選ぶ時のポイント

ネット注文の時にサイズを迷いますね。

以外と驚いたのは、20年フィッティングした中で、Aサイズの方がほとんどなかったということ‼︎

下着選びを間違える方が多いそうです。

見た目ではなく、サイズの測り方が間違っているんですね。アンダーバストとトップサイズを知っておくことですね。

でも安心して下さい(笑) 無料で1回はサイズ交換ができます♡

脇肉キャッチャーを選ぶポイント



脇肉キャッチャーは、両サイドからのホールド機能が高いので、流れた贅肉をしっかり入れることで、キャッチしてキープ!脇肉キャッチャーを着ける前と後ではアンダーやトップサイズが、変わってました。前かがみになりトップサイズを測れば、より自分のサイズを知ることが出来ます。 お腹や背中、脇からはみ出したお肉が、バストになればアンダーもトップサイズも見違えるほど、美バストに!

脇肉キャッチャーが人気の理由

  • 着け続けることで、贅肉がスッキリする。
  • お値段が安い(お得なセット)
  • お悩み解決度が高い
  • 寄せてしっかりキープ



補正下着をかれこれ3〜4年は着けています。もちろん洗い替えやサイズアップする度に、買い足して来ましたので、5枚ほど持っています。補正下着の場合、かなり技術や素材など普通のブラより高価です。

脇肉キャッチャーも同じくらいお値段がするのかと思っていましたが、以外と安価でした。

人気のカラーは、ビビットなピンクの様な濃いめの色が人気だそうです。

サイドのあんたベルトがお肉をホールド(包み込む)するので、美バストメイクができるんです。

脇肉キャッチャーのメリット・デメリット

はじめてフィッティングしていただき装着した時は、フィット感があり丸見えを帯びたキレイなバストトップで、脇肉も締まりました。

 

服が持ち上がっていますね!
元々補整下着をつけていましたが、お胸がグイっと持ち上がりキレイなトライアングルが出来ました♪

でもそのまま暫く着けていると、アンダーラインがキツく感じて。

ホールドするので、当然今までの贅肉がキープされているため、後で思えば仕方がないのだと思いましたが、数日はかなり痒みがでるほどに。。

それでも着けていたら、痒みやツラさがなくなり脇肉がスッキリして来ました。

しばらくは我慢が必要だと感じましたよ。

まとめると、

メリットは、

  • 少し我慢すれば贅肉がお宝に変身。脇肉や背中、お腹などがスッキリする。
  • 柔らかい素材なので、感触が良い。
  • 価格が安いというところ。
  • 1回のサイズ交換が無料でできる。

デメリットは

  • 慣れるまでアンダーラインがキツく感じる。
  • 谷間のワイヤーが痛いことがある。

ネットでの注文でもとても親切にサポートしていただけ、さらに1回までは無料で交換していただけます。
安価でしっか贅肉を入れ込んでくれる脇肉キャッチャー!


美バストを体感!
これからが楽しみです。

50代からでも諦めず、ボディケアを楽しみたいと思います♪

▼ネットで人気の脇肉キャッチャーはこちら▼



>>>脇肉キャッチャーはこちら
HEAVEN Japan公式オンラインショップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。